So-net無料ブログ作成

SONY AIBO(ソニーアイボ)の修理 治療病院紹介 [その他]

ソニーの犬型ロボット「AIBO(アイボ)」

この「4足歩行型エンタテインメントロボットAIBO」は1999年6月
国内で3000台の受注販売を開始。、顔や形の違う第5世代まで発売され
日米欧で通算15万台以上を販売した。

2006年3月生産終了に続き、2014年3月に修理窓口「AIBOクリ
ニック」も閉じてしまっている。


20060309_31114.jpg


http://sonytsu.jugem.jp/?eid=15より引用

しかし、購入者(飼い主)たちは、

「他のAIBOは知りませんが、うちのMomo(モモ)ちゃんは本当に賢
い子なんです」
「まるで察しているみたいにじゃれてくる。家族の一員だし本当の犬みたい。私にとっては、かけがえのない存在です」
犬は飼えない環境の中、AIBOを見て、これなら飼えると思った。

との思いを持っている。これは、もう購入者ではなく、飼い主なのだ。

ペット同様にかわいがってきたAIBOの飼い主は、治療先の病院が閉鎖さ
れ途方に暮れている。

そんな中、治療病院が見つかった。
シニア世代のエンジニア集団「A・FUN」(ア・ファン、千葉県習志野市)
がそれである。http://a-fun.biz/voice.html

病気になってしまった愛犬AIBOを、治療してくれる病院があったのだ。

「A・FUN」代表者 乗松さんは元ソニー社員。
AIBO修理(治療)の担当医師はソニーで修理エンジニア歴20年の船橋
浩さん(61)。

AIBO治療の最初は「AIBOを連れて介護施設に行きたい。修理してほ
しい」という人からの依頼だった。

「ア・ファンなら直る」という口コミが広がり、公立科学館からも依頼がき
ているという。

私も、愛玩ロボットとしてでなく、治療犬としてソニーAIBOを利用して
いるという記事を見たことがある。個人の方でも、自閉症の治療にソニーA
IBOを購入した方もいるようだ。

玩具ロボットの枠を超えてしまっているソニーAIBOということだろう。

”命”こそないが、購入者(飼い主)にとっては、生き物なのである。

「A・FUN」では、より多くの修理依頼に応える為、体制強化を勧めてい
る。

「A・FUN」さんには、最後の一匹(一台)まで頑張って貰いたいもので
すね。

===よろしければ こちらの記事もご覧下さい===
◇東大生が尊敬する偉人Best50 世界一受けたい授業 50-41
日本の超頭脳が集結!東大の人気先生大集合SPで紹介

◇知恵の雫
日常に溢れている豆知識を、毎日1件づつ紹介

◇日捲り名言集(英訳付)**月**日今日の名言|心の常備薬
”名言・格言”を集めて、毎日各自一語づつご紹介

◇ClickTravel
メディアで見つけた素敵な場所や素敵な物、そして美味しい物を紹介





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
スポンサーリンク

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます