So-net無料ブログ作成

出生率が上がらない理由 [その他]

昨今、出生率の低下が問題視されています。

でも、出生率が上がらないのは至極当然なのです。

その当然の理由は、ズバリ!

動物の本能だからです!!

だから、いま政府がやっている少子化対策は何の意味もないのです。

では、その動物の本能とは、どんなものなのか。
皆さんは『種の保存』という言葉をご存知でしょうか。
文字通り、種が滅びないようにしようとする力ですよね。
ダウンロード (1).jpg

いまの日本人には、この力を高めようとする意識が起きないのです。
それは何故か?

簡単です。
日本人が滅びる、危険性が非常に少ないからです。

世界最高の長寿国で、成人になる率も高いし、犯罪も少ない。
つまり、沢山産まなくても、『種の保存』が可能なのです。
それでは、出産しようという本能は奮い立ちませんよね。

動物は、『種の保存』の危機を感じると、保存しようとして出産の本能が奮い立つものなのです。

「貧乏人の子沢山」という言葉があります。
私は、この言葉の意味を、貧乏人は夜やることがないので、すぐ寝床に付くので夜の営みに励むので、子供が出来るのだと思っていました。

最近になって、この意味は違うと思うようになりました。
貧乏人は、妊娠しても栄養が取れず、か弱い子供が生まれ、病気にかかりやすいが、医者に診せる金がない。
そして、最悪のことになる。
成人まで成長する確率が低いので、数で補おうとする本能なのだと思うのです。

調べた訳ではありませんが、乳幼児の生存率が低い国ほど、出産率が高いのではないかと思います。
発展途上国への寄付金のCMやドキュメンタリー番組を見ると、「育てられないのに何故避妊しないのだ」と思うことがありますが、これは、『種の保存』の危機を感じて、本能がそうさせるのではないでしょうか。

ダウンロード (2).jpg

日本は、いま1億3千万人の人口で、今年の発表された統計では人口が減少し始めたとありました。

人口も、今の日本のキャパシティを超えていると、本能的に感じ取っているのです。
私の予想では、1億を切らないと出生率は上がらないと思います。

日本人が、動物として本能で出産の必要性を感じ取っているのです。

なので、政策も人口1億人を踏まえて立てるべきで、出生率を上げる政策は必要ないのです。
===よろしければ こちらの記事もご覧下さい===
◇東大生が尊敬する偉人Best50 世界一受けたい授業 50-41
日本の超頭脳が集結!東大の人気先生大集合SPで紹介

◇知恵の雫
日常に溢れている豆知識を、毎日1件づつ紹介

◇日捲り名言集(英訳付)**月**日今日の名言|心の常備薬
”名言・格言”を集めて、毎日各自一語づつご紹介

◇ClickTravel
メディアで見つけた素敵な場所や素敵な物、そして美味しい物を紹介





nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
スポンサーリンク

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます