SSブログ
偉人の名言 ブログトップ
前の10件 | -

日本の偉人の名言集 伊達政宗 [偉人の名言]

伊達政宗
1567年9月5日 - 1636年6月27日
出羽国と陸奥国の戦国大名・伊達氏の第17代当主。仙台藩初代藩主。
伊達政宗_90.jpg
輝宗の長子。幼名,梵天丸。天正 12 (1584) 年 10月家督を継ぎ,同 16年佐竹義重,蘆名義広,相馬義胤らと対戦,翌 17年蘆名義広を破り,黒川城に拠って陸奥,出羽を平定したが,同 18年豊臣秀吉に降伏して,会津,岩瀬,安積 (あさか) 郡などを没収された。豊臣秀吉に仕えて朝鮮に出陣。関ヶ原の戦い・大坂の陣には徳川方につき仙台藩の基礎を固めた。キリシタンに関心をもち、支倉常長(はせくらつねなが)をローマに派遣。二代将軍徳川秀忠、三代徳川家光まで仕えた。家光からは特に尊敬され「伊達の親父殿」と呼ばれた。幼時に患った疱瘡(天然痘)により右眼を失明し独眼竜と称された。
関連商品

> >> >>> 続きを読む <<< << <


スポンサーリンク

海外の偉人の名言集 プラトン (英訳付) [偉人の名言]

プラトン
Marcus Tullius Cicero
BC427年 - BC347年
古代ギリシアの哲学者である。ソクラテスの弟子にして、アリストテレスの師に当たる。
プラトン_90.jpg
アテネの名門に生れ若くしてソクラテスと交わり,最も正義の人と信じてやまなかったソクラテスの不条理な死と,当時の政治情勢に対する失望から哲学の道に入った。アテナイ郊外に学園(アカデメイア)を創設。現象界とイデア界、感性と理性、霊魂と肉体とを区別する二元論的認識論において、超越的なイデアを真実在と説き、ヨーロッパ哲学に大きな影響を残した。その著作のほとんどはソクラテスを中心とする対話篇である。著「ソクラテスの弁明」「ファイドン」「饗宴」「国家」「法律」など。
関連商品



> >> >>> 続きを読む <<< << <


スポンサーリンク

海外の偉人の名言集 孔子 (英訳付) [偉人の名言]

孔子
BC552年10月9日‐BC479年3月9日
春秋時代の中国の思想家、哲学者。儒家の始祖。
孔子_90.jpg
名を丘,字を仲尼といい,魯の陬(すう)(山東省)の生れ。その73歳の生涯は,周王朝の支配体制がくずれ,諸侯の対立抗争する春秋末の動乱期に過ごされている。当時,魯国でも君主の威権は地に落ち,季孫氏・孟孫氏・叔孫氏という3公族が政治を専断していた。さらに3公族のうちもっとも強力な季孫氏では,家臣の陽虎が権勢をふるい,下剋上の様相さえあった。 幼いとき父に死別した孔子は,貧困と苦難のなかに育った。
関連商品



> >> >>> 続きを読む <<< << <


スポンサーリンク

幕末偉人ランキング 女性人気No1は沖田総司 総合は坂本龍馬 [偉人の名言]

今年(2015年)の初めに、at home VOXで、幕末偉人の人気アンケート調査が行われました。

いわば、幕末総選挙ですね。

では、早速、調査結果をご覧頂きましょう。

沖田総司_350.jpg


> >> >>> 続きを読む <<< << <


スポンサーリンク

日本の偉人の名言集 板垣退助 [偉人の名言]

板垣退助
1837年5月21日 - 1919年7月16日
日本の武士(土佐藩士)、政治家。
土佐三伯の一人(他に後藤象二郎・佐々木高行)
板垣退助_90.jpg
高知城下に藩士乾正成の子として生まれた。藩主山内容堂(豊信)の側用役から始まり藩の要職を歴任。藩主山内容堂(豊信)の側用役から始まり藩の要職を歴任。慶応3(1867)年,京都で中岡慎太郎と協力し薩摩藩と密かに私的な討幕盟約を結んだが,藩の路線に反し,要職を外された。戊辰(ぼしん)戦争で総督府参謀をつとめ,明治4年新政府の参議となる。6年征韓論をめぐって大久保利通らと対立し,西郷隆盛らとともに辞職。翌年民選議院設立建白書を提出。帰郷して立志社をおこし,自由民権運動を指導した。14年自由党を結成して総理。24年再結成された自由党の総理。29年第2次伊藤内閣の内相。31年大隈重信と隈板(わいはん)内閣をつくり,内相。伯爵。33年政界を引退し,社会改良運動につくした。
日本銀行券B号券表面の肖像画となる。発行開始日1953年12月1日 支払停止日1974年8月1日
関連商品

> >> >>> 続きを読む <<< << <


スポンサーリンク

日本の偉人の名言集 徳川慶喜 [偉人の名言]

徳川慶喜
1837年10月28日 - 1913年11月22日
江戸幕府最後の将軍であり、歴史上征夷大将軍に任じられた最後の人物。江戸幕府第15代征夷大将軍
徳川慶喜_90.jpg
御三卿一橋徳川家斉昭の七男。第9代当主となった。将軍継嗣問題では家茂に敗れ、安政の大獄では隠居謹慎を命じられた。桜田門外の変以後は家茂の後見職をつとめ。禁裏御守衛総督など要職を務めた後に徳川宗家を相続、第15代将軍に就任。大政奉還し将軍職を辞任、新政府軍への江戸開城を行なった。開城後は水戸ついで駿府(すんぷ)で謹慎した。謹慎を解かれた後は、放鷹(ほうよう),油絵,写真などの趣味に生きた。明治維新後に従一位勲一等公爵、貴族院議員。
関連商品

> >> >>> 続きを読む <<< << <


スポンサーリンク

日本の偉人の名言集 近藤勇 [偉人の名言]

近藤勇
1834年11月9日 - 1868年5月17日
江戸時代末期の武士。新選組局長を務め後に幕臣に取り立てられた。
近藤勇_90.jpg
近藤周助に天然理心流の剣をまなび,養子となる。文久3年幕府浪士隊にくわわり京都へゆく。のち芹沢鴨(せりざわ-かも)らと新選組を結成,副長のち局長として尊攘(そんじょう)運動をとりしまる。鳥羽・伏見の戦いののち,甲府入城に失敗,下総(しもうさ)流山(千葉県)で新政府軍に捕らえられ,明治1(1868)年4月25日,板橋において斬首。首級は同所に晒され,さらに翌閏4月,京都の三条河原に梟首。首は京都で盗まれている。 35歳。武蔵(むさし)多摩郡(東京都)出身。本姓は宮川。名は昌宜(まさよし)。変名は大久保大和。
関連商品

>>> >> >続きを読む< << <<<


スポンサーリンク

日本の偉人の名言集 沖田総司 [偉人の名言]

沖田総司
1844年 ? - 1868年7月19日
幕末の武士、新撰組一番隊組長及び撃剣師範。
沖田総司_90.jpg
幕末維新期,白皙の天才的美剣士とうたわれる新選組の一番隊隊長。名は房良,幼名宗治郎。父は陸奥白河藩(福島県)藩士の沖田勝次郎。総司幼くして沖田家は藩籍を離れたといわれるが,義兄林太郎が安政6(1859)年まで在籍の記録がある。近藤勇の天然理心流試衛館の塾頭を務め,近藤,土方歳三らと上洛,新選組に加盟。池田屋の斬り込みで喀血昏倒。参謀山南敬助の脱走罪による切腹を介錯。明治1(1868)年の鳥羽・伏見の戦には労咳のため参加せず,江戸引き揚げ後は,神田和泉橋の医学所や今戸八幡の松本良順宅で療養。千駄ケ谷池尻橋の植木屋平五郎宅の納屋で死んだといわれる。墓は東京都港区元麻布の専称寺にある。
関連商品

>>> >> >続きを読む< << <<<


スポンサーリンク

日本の偉人の名言集 伊藤博文 [偉人の名言]

伊藤博文
1841年10月16日 - 1909年10月26日
長州藩士、政治家 初代総理大臣。位階勲等爵位は従一位大勲位公爵。
伊藤博文_90.jpg
周防(すおう)(山口県)の農民の子で,松下村塾にまなぶ。
イギリス公使館焼き打ちに参加するなど尊攘運動にしたがうが,文久3年渡英。
帰国後は開国をとなえ倒幕運動に活躍。
明治4年岩倉遣欧使節団の全権副使となる。大久保利通の没後,内務卿となり,14年の政変で政府の実権をにぎる。
内閣制度を創設して,18年初代の首相(組閣4回)となり,枢密院の設置,大日本帝国憲法の制定など,天皇制近代国家の枠組みをつくった。
条約改正を実現し,日清戦争を遂行。
33年政友会を創立して総裁。
38年日露戦争後,統監府の初代統監となり朝鮮併合をすすめた。
明治42年10月26日ハルビン駅で安重根(アン-ジユングン)に暗殺された。
天皇に、諫められる程の好色家だった。
ふぐ料理を一般化したことでも知られる。
関連商品



> >> >>> 続きを読む <<< << <


スポンサーリンク

心の常備薬 偉人名言集(英訳付)7月7日2015年 [偉人の名言]

世界の偉人たちは、数々の言葉を残しています。

それは、時に人の心を動かし、延いては人生さえ
変えてしまう、大きな力を持つ偉人の名言。

”名言・格言”を集めて、毎日各自一語づつ
ご紹介致しています。

今日(7月7日)ご紹介する世界の偉人5人+1
ランダムチョイス、ニーチェ、松下幸之助、
シェイクスピア、ゲーテ、
美輪明宏
(一部英訳も掲載しています。)

> >> >>> 続きを読む <<< << <


スポンサーリンク
前の10件 | - 偉人の名言 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます